Yakushima Time

毛利哲さん/屋久島ジェラート「そらうみ」

季節の食材を使う 絶品!屋久島ジェラート

「しお(屋久島永田の塩)」「屋久島茶」「ドラゴンフルーツ」「たんかん」・・・
ショーケースの中に並ぶカラフルなジェラートたち。
瑞々しい島の食材が、ひんやりとしたジェラートの中に閉じ込められている!

毛利哲さん/屋久島ジェラート そらうみ

屋久島の東南にある麦生地区は、一年中豊かな果実が収穫できる地域。その集落の県道沿いに建つ「屋久島ジェラートそらうみ」の店主である毛利哲さんは、2013年に奥様と2人で横浜から移住した。屋久島が大好きで何度も訪れているうちに、ここで暮らすには何をしたら食べていけるだろうと考えるようになり、当時島には一軒もなかったジェラート屋を開くことに。今では観光客はもちろん島民にも大人気で、季節の食材を使ったジェラートを楽しみに、ショーケースの前には行列ができることもある。

毛利哲さん/屋久島ジェラート そらうみ

「旬な材料が手に入ったときに、この食材がどうすれば美味しいジェラートになるのかを考えるんです」

なるべく島の食材を使うようにしているという毛利さん。
まずは材料を手に取ってからレシピを決めるのだそう。ジェラートの材料と言ってもなにも果物や野菜だけに限ったことではない。
 

屋久島地杉!?のジェラートとは

なかでも、訪れたお客さんをびっくりさせるのが「屋久島地杉&レモン」

島の地杉で抽出オイルを制作している島内の事業所とのコラボレーションで作った一品だ。杉のほのかな香りにレモンの清涼感が驚くほどの相乗効果で、一口食べるとすぐに口の中に“屋久島の味”が広がる。もちろんお客さんにも大好評なのだとか。

山や海、どちらも一度に楽しめる屋久島で第二の人生を選んだ毛利さん。

「忙しすぎず 暇すぎず のびのびと暮らしていきたい」

島のエキスがたっぷり詰まったジェラートを片手に、ウッディな店内から外へ出てテラス席に座ってみる。真夏の屋久島、海のように青い空が広がっていた。

毛利哲さん/屋久島ジェラート そらうみ

       

屋久島ジェラート「そらうみ」
住所 鹿児島県熊毛郡屋久島町麦生165-8
電話番号 0997-47-2458
ホームページ http://yakushimagelato.jp
地図