Yakushima Time

日高靖子さん/カフェスマイリー オーナー

ママからカフェのオーナーへ! こだわりスイーツ召し上がれ

安房川沿いの如竹通りを海に向かい歩いていると、ウッディなカフェ“スマイリー”が見えてくる。窓から漏れる優しい灯りに誘われ、店内に入ると焼き立てのケーキの匂いがたちこめている。

安納芋ロール”“なめらかプリン”“チーズケーキ”に“ショコラ”と、ショーケースの中に並ぶケーキを作るのは、日高靖子さん。カフェの隣に併設されたキッチンで、毎日お菓子を焼いている。

日高靖子さん/カフェスマイリー オーナー

靖子さんは、安房集落の出身。カフェのオーナーになる前は、3人の子供を持つ主婦だったという。「子供に作ってあげるお菓子作りが苦にならなかったの」と笑う靖子さんがカフェをオープンすることになったきっかけは、近所の子供たちが休日になるとおしゃれをして町に出ていくのを見ながら「子供たちが自分のお小遣いでいけるお店をつくってあげたいな」と思ったことだった。そう思い立ち“スマイリー”をオープンして今年で18年が経つ。メニューは、ケーキはもちろんサンドウィッチやパフェ屋久島産の紅茶やハーブティなど、地元客にも観光客にも喜ばれるラインナップ。

日高靖子さん/カフェスマイリー オーナー

そしてお土産用の焼き菓子や物販なども充実している。またお客様の健康を考え、お砂糖はてんさい糖を使用し、小麦粉は国産のもの、そして卵は熊本の那須ファームから取り寄せるなど、素材にもこだわる。食材を通して直接生産者と交流ができるのも嬉しいことのひとつだと語る。

日高靖子さん/カフェスマイリー オーナー

“スマイリー”という店名の由来は、“まず自分が笑顔を絶やさないように。そして食べてくれる人が笑顔になってくれるように”、との願いを込めて付けたという。その願い通り「お客様も素敵な笑顔の方たちばかり」と靖子さん。「暖かい場所に人は集まるもの。ここにきたら元気になれる、って言ってもらえるように、まずは私が笑顔でいたい」。黄色い“スマイリー”ののぼり旗は、海からの風を受け今日も元気にはためいている。

(取材: Written by 散歩亭 緒方麗)

カフェスマイリー
住所 鹿児島県熊毛郡屋久島町安房122-1
電話番号 0997-46-2853
営業時間 営業時間11時~18時まで
地図