Yakushima Time

伊藤真也/理学療法士

小さい頃から自然の中で遊ぶのが好きだったという伊藤真也さんは、屋久島で一番大きい集落、宮之浦にある病院で理学療法士をしている。
鹿児島県生まれの三重県育ち、28歳で屋久島に移住した。

「住まないとわからない」と思い、屋久島にやってきた伊藤さん。
旅行で島を訪れている時は、ガイドブックに載っている場所や簡単な海の遊びぐらいしか体験していなかった。しかし、屋久島島に住んでからは、ガイドブックと同じ場所に行っても毎回違う景色が見れるという。

何より嬉しいのは、島の中だからこそ入ってくる情報をもとに、あまり人が入らない珍しい場所に行き、素晴らしい景色が見れること。「住んでよかったなあ、と思う瞬間です」

「屋久島は、やりたいことがつまっている場所」

理学療法士として病院で働く伊藤さんは、身体の不自由な方が社会参加に不安を持っている現状を目の当たりにしてきた。今年からバリアフリーの活動を行っている。
「屋久島に行ってみたいけれど、歩けないから無理だろうな」という声を聞くたびに、「身体に不安を抱えている人でも、気軽に屋久島を訪れ、自然を楽しんでほしい」と感じていた。

そんな思いで始めた活動──車椅子で利用できるトイレの情報や、登山をしなくても手軽に自然を楽しめる観光スポットなどネットで発信する。

「どんな人にも来てほしい」
理学療法士、そして島を思いきり楽しんでいる伊藤さんだからこそ、思うことだろう。

(取材:緒方麗)

伊藤真也/理学療法士
住所

コメントを残すメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント
名前 *
メールアドレス *
ウェブサイト