Yakushima Time

川口明子/「小屋カフェ 日と月と」

川口さんは、広島出身。屋久島に移住してきた。

いまは、「屋久島ウエディング」を提案するウエディングプランナー、そしてカフェ店主。二つの顔を持つ。

「小屋カフェ 日と月と」はその名の通り、10平方メートルないちいさな「小屋」だ。

テイクアウトの飲み物を提供している。

店がある安房集落は、かつて屋久杉を運び出す港として栄えた。いまも屋久杉の工芸店が多く立ち並ぶ集落として知られている。

そうした土産物店のひとつ「杉匠」の駐車場の片隅に、「日と月と」はある。

 

店名の由来は、自身の名前の明子から。

「そんなに明るい性格じゃないのに」と、自分の名前が嫌だったという川口さん。

あるとき、「『明るい』っていうのは、『自分が明るい』っていうことじゃなくて『周りを明るく照らす』ことなんだよ」と教えてもらった。以来、名前が好きになった。

 

店を始めるにあたって、「明」を分けることにしたが、「日と月」だとひとりぼっち。最後に「と」を入れることで、「誰か」「何か」と繋がることができるんじゃないかな、と思ったそう。

カフェのいちおしは、季節のフルーツソーダ(400円〜)。2か月に1回のペースで屋久島の果物などを素材に、手作りのシロップを作って、それを使ったソーダを提供している。

フルーツは年中恵まれている島。生産者が直接小屋に来て、「こういう果物があるけどどう?」と提案してくれることも。

定番メニューはコーヒーや、たっぷりのスパイスを使ったミルクチャイ。日替わりのスペシャルメニューとして、旬の野菜を使ったスープを提供することもある。

カフェのもうひとつの魅力は、明子さんに加え、6人の「スペシャル店主」がいること。

ガイドやエステティシャン、マッサージ師、様々な職業の友人たちが、明子さんの代わりに時々店に立つ。「店主」たちが語るおすすめアクティビティは、2年暮らした明子さんにとっても新鮮だ。

駐車場の片隅の小さな小屋は、観光客や地元客、出会った人同士で交流が広がる、ホットな情報交換の場になっている。

(取材:高田みかこ)

 

【営業】

午前8時から午後5時まで 木曜は休み

【問い合わせ先】

https://www.instagram.com/hi_to_tsuki_to/