Yakushima Time

~やくしまの森~10月20日放送後記

~やくしまの森~10月20日放送後記

みんな、聴いてる?読んでる? 聴いてください。読んでください。お願いします(切望)。
今週もラジオ「やくしまじかん」放送後記の時間です。

さて、今週の「はめつけ!やくしま!」は、
「散歩亭」のライター緒方麗(おがた うらら)さんにお話を伺いました。

緒方さんが普段働いている屋久島・安房のダイニングバー「散歩亭」。
1975年にオープンし、地元の人や観光客からも長年愛されています。
私は二度お店にお邪魔したことがありますが、美味しかったです。最高。また絶対行きます。

そして今回は、ライターでもある緒方さんが取材した屋久島ジェラート「そらうみ」の毛利 哲(もうり さとし)さんと、SUP&ヨガインストラクターの加藤 朋子(かとう ともこ)さんの記事について紹介しました。
「屋久島の地杉フレーバーのジェラート」、「人生に本当に必要なものは何なのか?」など気になるフレーズが続々。そんなお二人のインタビューは、ここweb「やくしまじかん」の「かたりびと」のページに詳しく掲載されています。是非読んでみてください。

「屋久島検定」では、ちょんまげ先生こと
満園 茂さんから永田集落についての問題を出題。

永田集落にある「いなか浜」、「前浜」はアカウミガメの産卵上陸数が日本一。その砂浜が2005年11月8日にユネスコの湿地を守るラムサール条約に登録されました。ウミガメと彼らを取り巻く環境を守ろうと、この条約に登録されたそうです。高校の授業で地理を習った程度の私ですが、砂浜がラムサール条約に登録されているということ、なんだか意外な感じがしました。

そして「屋久島支局だより」では、MBC屋久島支局の大内支局長と、
屋久島自然館が行った写真コンテストの入賞作品でつくるオリジナルカレンダーについてお話しました。

「第9回 あなたが選ぶ屋久島・口永良部島写真コンテスト2018」に入賞した13作品が、2019年のカレンダーとして発売されました。何時間もかけて撮影された、屋久島の美しい表情。カレンダーを眺めて心を屋久島に旅行させたいなあ。

屋久杉自然館の中にあるミュージアムショップとホームページから問い合わせても購入できるそうです。
数量限定らしいので、私も早く買っておかないと。しかもそんな素敵なカレンダーは500円、お得。

最後に、今週の放送でもお知らせしましたが、次回の放送は10月13日(土)に行われた『やくしま森祭り』の特集です。

出演者の方や、会場にお越しの皆さんへインタビューをしてきました。本当に心を満たしてくれるイベントだったので、皆さんともこの素敵な時間を共有したいなあ。次回もどうぞお楽しみに。

Writer.森万由子(MBCアナウンサー)