Yakushima Time

~やくしまの森~12月15日放送後記

~やくしまの森~12月15日放送後記

今週の「はめつけ!やくしま」

『散歩亭』のライター 緒方 麗さんにスタジオにお越しいただきました。
12月は休みを利用して帰省してきた人や、忘年会でにぎわう散歩亭。
麗さん個人としては、粛々と年末を過ごされているとのこと。普段は鹿児島市の高校に通っている息子さんも帰ってきて、草むしりの手伝いをしているそうです。家族みんなですごす年末って、もうそれだけで幸福感に溢れていますよね。素敵。

さて今週は、Web「やくしまじかん」から、民宿やまびこの藤山通孝(ふじやま みちたか)さんの記事をご紹介いただきました。

「屋久島のものが屋久島中で回っているように」という想いで暮らす藤山さん

それがどういう意味なのか気になりますよね?
詳しくは下記の語りびとのページを読んでみてください。
https://yakushima-time.com/kataribito-2148/

「屋久島検定」

2018年10月13日放送分のおさらいでした。屋久島の有名な薬「我神散」についての問題です。
私は先週お餅を油で揚げて食べ、胃もたれしてしまった時に「我神散」があればな~と思いましたよ。さて、この薬の効能とは!?以前の放送後記から答えを探してみてくださいね。
https://yakushima-time.com/radio-1934/

「屋久島支局だより」

前回の放送後記でもご紹介した『屋久島未来ミーティング』について、MBC屋久島支局の大内支局長とお話しました。

前回の放送後記でもご紹介したブログ、これがやっぱり一番会場の様子が分かるので読んでみてはいかがでしょうか?(何度見ても楽しそう)
https://yakushimamiraimeeting.hatenablog.com/

今週も興味深い話題だったなあ。来週はどんな話が聴けるのかな?お楽しみに。