mimori.art/画家

「そこにペンがあった」 描きたい気持ちがあるから、今日から画家になります

屋久島在住の画家mimori.artさんのデビューは、ゆっくりと遠くから大きな波のようにやってきた。

集中して描き始めたのは、2019年の終わり頃。
手近にあったペンを思いつくままに動かすと、点や線、円や渦が連なり広がり、「絵」となっていった。一度始まったら止まらない。
絵を見てくれた友人の後押しもあって、作家名を決め、SNSページを開設。ちょうど新型コロナウイルスの影響で、夫婦で営む飲食店に暇ができたこともあって、作品はどんどん増え、ペン画だけでなく、アクリル画、色を重ねた黒い紙を削って描くスクラッチアートなど、さまざまな画材にもどんどんチャレンジしてきた。

そんな時、SNSを目にした屋久島のアロマブランド「島のかおり ラボやわら香」ブランド代表の渡辺優子さんから声をかけられた。
「直営店の玄関を入ってすぐの小さな場所を、レンタルスペースにしようと思うのだけど、個展をやってみませんか?」

そこから1カ月。
初めての個展「縁(えん)と縁(ゆかり)」は、自分を導いてくれた友人や渡辺さん、偶然のような必然のような多くの「縁」によって、実現された。
自然光の差し込む7㎡ほどのスペースに、9点の原画が並ぶ。それぞれがじっくりと時間をかけて向き合う。

「慌てて準備したので、ポストカードなどオリジナルグッズがオープンに間に合わなかった。これからは、オリジナルグッズを増やして、将来的には絵を仕事にしたい」とmimori.artさんは話す。素直な気持ちでとらえた大きな波に乗って、どこまでいけるのか、画家としての歩みは始まったばかりだ。
(取材:一湊珈琲編集室 高田みかこ)

「島のかおり ラボやわら香」は普段、土・日・月曜オープンだが、2月1日の会期までは無休。営業時間は12〜17時。画家の在廊予定日は、1月30、31、2月1日。

mimori.art
https://www.instagram.com/mimori.art/?hl=ja

  • 島のかおり ラボやわら香
  • 屋久島町楠川1471-5
  • TEL.0997-42-0109
  • http://yawaraca.jp/

関連記事一覧