Eric Vivian (エリック・ヴィヴィアン)/グラフィックデザイナー

島の小規模店に、デザインの力で新風を吹き込む

「RESTAURANT PANORAMA」の端正なロゴ、「MOSS OCEAN HOUSE」のホームページの素朴な線画、「一湊珈琲焙煎所」の切り絵のようなパッケージ、趣の異なるさまざまな作品を手掛けるエリック・ヴィヴィアンさんは、アメリカ出身のグラフィックデザイナー。2015年に家族で屋久島に移住してから、島の中で少しずつ顧客を増やしてきた。

Eric Vivian (エリック・ヴィヴィアン)/グラフィックデザイナー

アメリカ時代の経験を生かし、ブランディングに配慮した、顧客のニーズの引き出しと、味のある手書きのイラストやタイポグラフィーが、持ち味。これまでに手がけてきた大手企業の仕事とは異なり、個人経営のレストランや宿泊施設のオーナーと打ち合わせを重ねながら、デザインを練り上げていく作業は、新鮮で楽しいという。
顧客の持ち味を生かし、デザインの力で、その場に新しい風を吹き込むことを心がけている。

Eric Vivian (エリック・ヴィヴィアン)/グラフィックデザイナー

移住のきっかけは、「家族」と「自然」。
仕事柄、インターネットさえあれば、世界中の仕事を受注できる。子どもの誕生を機に、パートナーでインテリアデザイナーでもある嘉子さんとともに、嘉子さんの両親の暮らす屋久島への移住を決めた。海や川への近さや美しい自然も気に入っている。
当初は、子どもが幼いうちの「お試し移住」のつもりだったが、土地や建築家との幸運な出会いもあり、今年は、家を構えることになりそうだ。

Eric Vivian (エリック・ヴィヴィアン)/グラフィックデザイナー

「デザインのパワーを信じている」というエリックさんの態度は、どこまでもポジティブ。子育ても落ち着いてきたこの頃、嘉子さんとともに取り組む仕事も徐々に増やしていく。

Eric Vivian (エリック・ヴィヴィアン)/グラフィックデザイナー

(取材:一湊珈琲編集室 高田みかこ)

Eric Vivian Design

http://www.ericviviandesign.com

関連記事一覧